Skip to content

アナクアとクラリベイトが戦略的パートナーシップを発表

商標調査のソリューション統合により知財業務効率のさらなる向上を実現

2020年5月21日 Boston アナクア社は、イノベーションを加速させる信頼性のある知見と分析を提供する世界的リーディングカンパニーであるClarivate Plc (NYSE:CCC)と、戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。これにより、商標業界の2つの代表的サービスプロバイダーが結びつくことになります。このパートナーシップは、商標調査とブランド保護のリーディング・ソリューション・プロバイダーであるClarivateのCompuMark™とアナクアが協業し、知財関係者の業務効率をさらに向上させるサポートを提供することを可能にします。この提携でANAQUA®知財管理プラットフォームとCompuMark の商標調査・保護プラットフォームがシームレスに統合され、知財業務フローの効率が劇的に向上されます。アナクアとClarivateは、スクリーニング調査やクリアランス調査そして管理まで、商標のライフサイクル全体を通して異なるアクティビティを2つのプラットフォームで実行するクライアントを共有することになります。2020年夏に稼働を開始するソリューション統合では、システム間のアクセスが容易になり、自動的なデータ共有により手動で行われていたデータ出力作業の時間が削減されます。これにより、業務プロセスの効率化や事務作業負荷を軽減するサポートが提供されます。

アナクア社最高経営責任者のボブ・ロメオは、次のように述べています。「商標調査と保護のソリューション分野における業界リーダーであるClarivateとCompuMarkとのパートナーシップ締結に大きな期待を感じています。このコラボレーションにより、商標を扱う知財関係者に作業時間を削減し、業務フローを改善し、意思決定をスピーディなものにするライフサイクル全体を通した商標ソリューションが提供されます。大きな可能性を秘めたパートナーシップであり、これは始まりに過ぎないと感じています。」

ClarivateのIPグループ担当プレジデントであるジェフ・ロイは次のように述べています。「アナクアとのパートナーシップは、業界のテクノロジーリーダーにより構築された作業時間削減ソリューションの提供を可能にし、クライアントへより優れたサービスを提供することを可能にします。私たちは、クライアントや世界を代表するブランドやビジネス、そして知財事務所がより効率的かつ効果的、そして確実に業務を行うことを可能にするため、つねに革新的にソリューションを拡張していきます。」

Clarivate™ について

Clarivateは、イノベーションを加速するために信頼性のある知見と分析を提供する世界的リーディングカンパニーです。Web of Science™、Cortellis™、Derwent™、CompuMark™、 MarkMonitor®、Techstreet™など、イノベーション・ライフサイクル全般にわたり信頼のある製品ブランドを築いてきました。現在、クラリベイト・アナリティクスは、起業家精神に基づく独立した新会社となり、お客様のアイデアをより速く革新的なイノベーションに変えていくためのソリューションを提供しています。

会社詳細は、ウェブサイトをご覧ください。clarivate.com

将来予想に関する記述

本プレスリリースならびに口頭の記述に含まれる情報は、Clarivateに関する予測や将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。将来の見通しに関する記述は、Clarivate が作成時点において期待すること、もしくは将来の出来事についての予測を提供するもので、期待される相乗効果やその他の将来的見込みに関する記述を含んでいることがあります。これらの記述には、Clarivateの管轄外の要因により、実際の結果が物理的に大幅に変わる可能性のあるリスクや不確定事項が含まれています。Clarivateは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果の如何を問わず、ここに示された記述を更新または修正する義務は一切負わないものとします。

アナクアについて

アナクアは発明・知財管理において業界トップクラスのエンドツーエンドソリューションを提供しています。米国の特許申請数上位25社の50%、グローバルブランド上位25社の50%に採用をされている他、多くの優良有名企業や先進的な特許法律事務所でも利用されています。本社を米国ボストンに構え、ヨーロッパそしてアジアに拠点を有するアナクアの知財プラットフォームは、知財管理関係者や弁護士・弁理士、パラリーガル、司法書士や発明者という約100万名のユーザーに世界中で使用されています。ソリューションにはベストプラクティスの業務フローやビッグデータ分析機能、情報に基づいた知財戦略や判断を可能にするビジネス・インテリジェンス、知財業務を効率化する機能などが統合されています。知財のエンタープライス・ソフトウエアに求められるニーズに応えるべくフォード・モーターそしてブリティッシュ・アメリカン・タバコの知財リーダーにより開発されたソフトウエアを商業化するため、アナクアは2004年に創業しました。1994年創業のSGA2買収統合を機に、特許年金そして商標更新支払いサービスのコア知財管理ソフトウエア機能を強化しています。2015年以降、アナクアはideaPoint、AcclaimIP、Lecorpioといった企業との買収統合を行いながらソリューション・テクノロジーやデータ強化を推進し、企業としてのグローバル成長戦略を遂げています。

会社詳細につきましては、ウェブサイトをご覧ください。